freespace[wide800pix]

保湿クリームの選び方

保湿クリームは顔だけでなく、全身の皮膚の乾燥をケアするために使える体全体用のものも販売されています。風呂上がりの体は濡れていますが、じきに水蒸気と共に皮膚の水分まで失われます。肌の乾燥を予防するには、全身にまだしっとり感が残っているうちに、肌の潤い成分や皮脂成分が配合されたボディクリームを使ってください。体全体に塗っても使用量がそれほど多くないような保湿クリームを選ぶと、全身の保湿効果を得る時に問題なく使えます。ベタベタしたものではなくしっとりと清潔に保ち、肌にハリや潤いを与える保湿クリームを選びましょう。保湿効果のある成分としてどういったものがどのくらい含まれているかを、購入時にチェックしてください。細胞間脂質セラミドやスフィンゴ脂質レシチンなどは水分を維持する作用が強く、多くの保湿クリームに含まれているものです。エラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸はわずかな量で大量の水分を保持できるため、皮膚の保湿には欠かせない存在です。吸湿力のある成分もチェックすべき保湿成分です。アミノ酸、尿素、PCA等の天然保湿因子、グリセリンなどです。化粧品によく用いられている保湿成分の他にも、サプリメントや食材に含まれる成分なども保湿クリームでは重宝されています。どんな保湿クリームが自分に合うか、じっくり検討してください。顔の皮膚だけでなく全身のスキンケアをしっかり行うためにも、保湿クリームの良さをあまさず引き出しましょう。


保湿クリーム
保湿クリームの使い方
保湿クリームの選び方
リンク
リンク集1
リンク集2

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

保湿クリーム トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加